カットについて2

2016.12.18(日)

こんにちは
美容室のサラ近江八幡店の齋藤です。
前回のブログで
カットについて
書かせていただいたのですが
今回も引き続きカットのお話です。
今回も自論なので
美容師さんにより
考えが違うのを
ご了承下さい。

今回はカットに使う道具などについてです。
主にメジャーなのが
ハサミ✂️ですね。
ハサミも色々と種類がありまして
大きく分けてまして
普通のハサミと
刃がクシ状になったセニング(すきバサミ)に、大別できます。

普通のハサミと言いましても
沢山の種類があります。
真っ直ぐ切るのに適したハサミ
わざと逃げるように作ってあるハサミなどいろいろです。
これは切り方やスタイリストの
目的や好みに分かれます。
それぞれ長所短所があるので
使い分けしていきます。

次におもに髪の毛の量を
減らす目的のセニングですね。
こちらも色々と種類がありますが
やはり好みが分かれますね。
表スキ、裏スキや
こちらもわざと
逃げるように刃を設定しているものなど
色々とあります。
長さを切るというより
どのセニングも
毛量を減らすという
同じ目的の物にはなります。

最後に
レザーですね。
こちらはカミソリに
なります。
カミソリと言っても
髪の毛を切る専用の物になります。
最近また注目されるように
なってきましたね。
全国的に見て
関西地方は
少なく感じますね。
長所として
切り口が揃わず
よく馴染みやすいですね。
短所は刃が切れなくなりやすいので
まめに刃を替えなくてはいけない
と言うところですね。
人によっては
切られている感覚が
気持ち悪いと言う人も
いらしゃいます。
これはハサミのドライカットで
スライドカットした時も
同じことが言えます。

このように
道具も色々と
駆使してカットは
成り立っております。




齋藤 春雄

スタイリスト

VIEW MORE

BLOG

齋藤 春雄のブログ

VIEW MORE